2011年03月20日

危機感走った、3号機の圧力下げ報道

  3/20 その三
 次のNHKラジオのニュースなのですが、「あぁ、やっぱり、大本営発表に踊らされていたのか」とギクリとする報道が、午前中確か10時頃、一過性の報道があったのでした。
 少なからず本欄に記した事柄への責任感もあり、注意してその後の他メディアの報道をさがしたものでした。が、②に掲載の毎日新聞の短い速報しか報道されていないのです。いかに暇人でもずっと聞いていられもせずの、16時すぎ、同じくNHKラジオで、「数値がさがったので、取りやめた」旨の報道を聞いて、安堵した次第です。
 
 これって、かなりの緊急事態に突入ですよね。
 そして、矢継ぎ早に続いた、飲料水や牛乳、ホウシン草の汚染問題。
 さらにメーリングリストに入った下記の情報、(広瀬隆さんのUチューブを参考までに末尾に添付)を、花粉証がひどくて、表には出るのを厭うて、苦手な室内の片付け仕事も厭で、「本日休業」とUチューブを何本か観賞。
 広瀬流分析には、ますます恐怖心を覚えさせられたものでした。
 なお、「2号機」はどう考えても「3号機」ではないかと思うのです。でも、放送のママです。
 また、青い色文字にした部分はほぼ同じ意味合いです。こんな緊急事態の報道にしては、お粗末な原稿に感じました。まあ、テープ起こしするおバカさんもいないでしょうけれども。
 政府、東京電力、経済産業省原子力安全・保安院との連携はどうなっているのでしょうか。

 ※取りやめに至る経緯は、東京新聞の共同通信の配信記事をご覧ください。

① 【NHKラジオ】
/////////////////////////
 ーー出だし、録音不可ーー(たぶん、「原子炉格納容器の圧力が高まっているため、圧力を下げる」ということ)
 ……下げることになりました。その際、方法によっては、含まれる放射性物質の量が、これまでよりも多く外部に出る可能性があるということです。
 経済産業省の原子力安全・保安院では、放出する際には風向きなどを考慮しながら少しづつ出すとして、現時点では現在の避難の範囲を変えることは想定していないとしています。
 原子力安全・保安院によりますと、3号機では原子炉を冷やすための海水を注入する作業が続けられていますが、今朝になって、原子炉をおおう格納容器の中の圧力が上昇していることを確認したということです。 
 格納容器は原子力発電所で事故が起きた際に、放射線物質を外に漏れ出ないよう閉じ込める重要な役割を持つ施設で、2号機の破損を防ぐ圧力を下げる作業を決めたということです。
 格納容器内の空気には、放射線物質が含まれていて、作業はまず格納容器の圧力を調整する、サプレッションプール(圧力抑制室)の中の水を通して、放射線物質の量を減らしてから、外に放出する方法を試みるということです。
 しかし、この方法で、圧力が下がらない場合は、廃棄塔から外に空気を放出するということです。
 その際は水を通して出す場合に比べて、放射性の要素の量が100倍にふえ、周辺の放射線量が高くなる可能性があるということです。
 ただ放出する場合は、風向きなどを考慮して少しづつ出すということで、原子力・安全保安院は現時点で住民に指示している避難の範囲を変えることはないということです。
 原子力安全・保安院は圧力を下げる措置は、放水と電源の復旧作業を行っている人たちをいったん退避させてから行うということです。
 原子力安全・保安院は今回の作業で、外部にでる放射線の量が増える可能性があるが、格納容器を守るためのやむをえない措置だと話しています。
  原子力安全保安委は福島第Ⅰ原発で、半径20~30キロの屋内退避がだされた住民に換気扇に換気扇を止めるなど
   ーー以下、略ーー
  この後、換気扇の扱いや暖房を利用している住民の注意点として、窓の開け方にいたるまで注意点が縷々と説明されてたのでした。続いて、福島第一原発周辺の今夜の風向きのことまで放送されたのでした。

 ② ////////////////////////////
【2011年3月20日 13時06分(最終更新 3月20日 13時11分) 毎日新聞】
 http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110320k0000e040037000c.html
 福島第1原発:3号機の圧力高まる 下げる作業へ
 経済産業省原子力安全・保安院によると、東京電力福島第1原発3号機で、原子炉格納容器の圧力が高まっているため、同社は配管の弁を開けて圧力を下げる作業を行う。

③//////////////////////
【2011年3月20日 16時30分 東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032001000086.html
福島原発、放水継続し通電へ詰め 3号機で蒸気放出見合わせ 
 【キャプション】18日に撮影された、福島第1原発の3号機(右)と4号機の衛星写真(デジタルグローブ・ISIS提供・共同)
(共同)

  ④/////////////////////
「広瀬隆氏の報道告発」(3月17日のYouTube)
http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/44848035.html
 ※一つの参考意見として、ご覧ください。

 
 やはり、写真がほしいですね。
 昼前に一族そろって、お墓参りに行きました。その帰途、昨年の種がこぼれて芽生えた油菜が、ほき出していたので、いわゆる「油菜≒かき菜」を採取。姉たちにもあげ、昼ごはんのお采に。
  それにしても、草分け的存在でもはや35年選手のわが花粉症。ことしは早めに漢方薬を飲んでいたにもかかわらず、まぶたがただれきっています。ちなみに今朝早朝、犬の散歩の途中で気がついたら、鼻腔からの血でマスクの半分がまっかに染まったという具合で、原子炉内部のようにわが鼻の粘膜も、相当にやられてしまってます。、昨日、布団を干したので、今朝はその“効力”大といったところでしょうか。採れたて野菜の新鮮さが、少しは効いてくれないかなぁと思いつつ食しました。
 それにしても、丹精して作ったホウレン草を出荷間際で廃棄処分しなければならない農家の方たちの辛さはいかばかりでしょうか。



同じカテゴリー(東日本大震災関連)の記事画像
3号機の(灰色がかった)煙の報告
速報・①2号機の電源正常に回復 ②3号機から煙出る
「廃炉」となる見通し
職を辞したある原発技術者の痛みの譜
4号機、放水開始。3号機は13時間も放水
官民あげて、「時間との闘い」なり
同じカテゴリー(東日本大震災関連)の記事
 3号機白煙、未だ原因不明。 プルサーマル炉は関係なし (2011-03-22 09:25)
 3号機の白煙は深刻事故の前触れ? (2011-03-21 23:01)
 3号機の(灰色がかった)煙の報告 (2011-03-21 20:42)
 速報・①2号機の電源正常に回復 ②3号機から煙出る (2011-03-21 17:24)
 「廃炉」となる見通し (2011-03-21 13:21)
 職を辞したある原発技術者の痛みの譜 (2011-03-20 15:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
危機感走った、3号機の圧力下げ報道
    コメント(0)