2011年03月21日

3号機の白煙は深刻事故の前触れ?

 3/21 その四 
 三号機の白煙について、22時半現在の共同通信の詳細なニュースです。
 比較的順調に進んできた「作業中止」ということは、かなり深刻な状況になりつつあるのかもしれません。
 去る「3/14のその一」でご紹介した「プルサーマル炉・3号機」の危険性に言及した部分を再掲載し、(確か眼にしていた)先行きを予測した、御用学者の安心論でない識者の語録を探しています。が、手間取ってますので、先にここまでアップ。後ほどわかり次第、補足します。

【2011/03/21 22:30 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032101000748.html
 原発3号機、煙上がり放水を中止 圧送機投入に遅れも 
 東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋から煙が上がったため、放水を予定していた東京消防庁は21日午後、第1原発正門付近で待機していた隊員を約20キロ離れた指揮本部に退避させた。この日の放水作業は「安全が確認できない」として中止した。22日以降の対応は未定。
 東京消防庁は21日未明まで、3号機に6時間半連続で放水し、午前6時半からは自衛隊の消防車など13両が4号機に放水した。
 また、長さ50メートル以上のアームを装備する「生コン圧送機」3台が21日、4号機への放水を行うため福島県に入ったが、防衛省は3号機から出た煙の影響で、投入が遅れるとの見通しを示した。
 放水作業の障害になっている建屋周辺のがれきを除去するため、陸上自衛隊の74式戦車2両も21日午前6時すぎ、福島県内の活動拠点に到着。隊員が建屋周辺のがれきの飛散状況などを確認した。早ければ22日にも除去を始める。
 生コン圧送機は三重県四日市市の建設業者などの3台。アームを伸ばせば使用済み燃料貯蔵プールの真上からピンポイントで放水が可能となる。建設業者から派遣されたオペレーターが東電社員に操作方法を教える。

続いて、「3/14のその一」の再掲載。
 福島第一原発3号機に着目してください。
 3号機はMox燃料が装荷されているプルサーマル炉だから特別に危険な炉なのです。
 Mox 燃料というのは、ウラン(は天然物です)に人工的に生成されたプルトニウム(長崎原発と同じ)を混ぜて創った燃料です。 その危険は、灯油ストーブでガソリンを燃やすようなものだ、と評されています。
 
 その福島第一原発3号機がどのような状況にあるか、を福島原発に詳しい阪上さんのメールから読み取ってください。
「12:18 ベントが開けず、格納容器の減圧ができない状態
 13:00 原子炉圧力約2気圧 水位最大マイナス2メートル
 13:12 海水注入開始
 16;00 原子炉圧力約2気圧 水位最大マイナス2メートル
 その後、21:10にベントは開いて格納容器の圧力は下がったようですが、水位が低い状況は続いているようです。
 水位系が壊れてるのならよいのですが、ベントができず圧力が下がらないために消火用ポンプの能力不足で入らないとなると相当時間、炉心が露出していることから、溶融が起きていると思われます。
 3号機はプルサーマル炉(MOX燃料は32体で全体の5%)ですからプルトニウムも溶融している恐れがあり、心配です



同じカテゴリー(東日本大震災関連)の記事画像
3号機の(灰色がかった)煙の報告
速報・①2号機の電源正常に回復 ②3号機から煙出る
「廃炉」となる見通し
危機感走った、3号機の圧力下げ報道
職を辞したある原発技術者の痛みの譜
4号機、放水開始。3号機は13時間も放水
同じカテゴリー(東日本大震災関連)の記事
 3号機白煙、未だ原因不明。 プルサーマル炉は関係なし (2011-03-22 09:25)
 3号機の(灰色がかった)煙の報告 (2011-03-21 20:42)
 速報・①2号機の電源正常に回復 ②3号機から煙出る (2011-03-21 17:24)
 「廃炉」となる見通し (2011-03-21 13:21)
 危機感走った、3号機の圧力下げ報道 (2011-03-20 20:28)
 職を辞したある原発技術者の痛みの譜 (2011-03-20 15:11)

この記事へのコメント
MOX燃料は、ウラン燃料とは原子炉の挙動が多少異なります。ただし、核分裂反応が停止した状態では問題にならないでしょう。また、プルサーマルと言っても原子炉の冷却系は同じですから、今回の海水を入れて冷却するという対応に差があるとは思えません。

問題は以下の2点だと思います。
 燃料(燃料被覆管ではない)の融点が低いこと。MOV燃料は融点が約2700度(含有率によって異なる)とウラン燃料よりも100度程度低いのでその分早く融けます。
 また、燃料が融けた場合プルトニウムを始め有害物質が多いので人体に与える影響はより深刻。
 なお、ウラン235の核分裂によって、ウラン238からプルトニウムが生成されます。つまり、原子炉を運転すると、ウラン燃料の中にもプルトニウムが含まれています。
Posted by 杉山弘一 at 2011年03月22日 10:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3号機の白煙は深刻事故の前触れ?
    コメント(1)