2011年04月11日

鶏は啼いとるもんね。まだ

 【毎日新聞より転載】地震と津波によって壊滅状態となった福島県いわき市平薄磯=2011年4月10日午前11時半、本社ヘリから撮影 

.................................
 以下は、ある会報の、どっかの誰かのものです。  

(ここの)鶏は啼いとるもんね。まだ。……
 今般の東日本大震災はまさしく未曾有の出来事となってしまった。原発反対市民運動で指摘し続けてき続けてきたことが、ことごとく現実のものとなってしまって、何とも切ない。未だ余震止まらぬこともまた、未曾有である。
 地震の日、八ッ場ダム関連で都内・霞ケ関にいて交通難民となった。地面は割れ高層ビルは揺れ、群馬勢は怯えきった。上野駅まで歩き、駅のシャッターが閉まるに及び、ただ事ではないことを自覚。ようやく一夜の暖をとらせて貰えた公共施設の大型テレビに映る赤い画像が何なのかつかみかねたが、判明した時には驚愕。誰しも、永久に瞼から消えない恐怖の画像となったであろう。
 地震・津波・原発事故さらに今後、必然的に起きる原発汚染への先々の不安、伴う風評被害など何重苦もの苦難にさらされた被災地の皆さまに、粛然として「どうかめげないで」とお伝えし、ささやか支援しか出来ないことが情けない。

 けれど、世界を震撼とさせた東電・福島第一原発事故は、弁明の「想定外」ではなく「想定内」の起こるべくして起きた、明らかに「人災」と呼べよう。
「最初にダムありき」と同じく国策の美名のもとに「最初に原発ありき」で、前政権党と一体になって強引に推し進めてきたのだから……
 一部の有力者の利益に基づき、練りあげたお得意の「国策」に位置づけていく骨格下、この島国の火山国の周囲に54基もの原発を設置したことが間違いだ。研究者によれば、とりまく太平洋プレートなど4つのプレートにより「静岡地震は必定」と指摘されているのにその静岡にも浜岡原発を造ったのである。
 そんな「人災」と呼べる証拠として、思いつくだけでも、
①東電は、福島原発における「津波時の冷却系の喪失」への対応を2006年4月16日に国会で指摘され、対処を勧告されていたにも関わらず怠ってきた。
②他の安全な自然エネルギーの提唱に耳をかさぬどころか封印(弾圧に近い)。
全てを「安全神話」に収斂させ、(目下、虚実が暴かれている)低コストを謳いあげてきた。これらは前橋出身の故・高木仁三郎さんらが、一身をかけ捨て身で指摘してきた事柄であった。その死はいわば“憤死”と呼べよう。
※(小さな自己体験も加えれば)
①“トイレのないマンション”の原発は、放射性物質の捨て場もなく休むことも出来ない。為に出力調整の揚水発電の必要性が生じた。
 上野村に最大手の揚水発電所「神流川発電所」を建設し、その大規模工事により、上流のアユが死滅した事実を、2000年夏に「神流川からアユが消えたー世界最大級の揚水発電所で」と題して県内誌(「サンデージャーナル」2000年9/3号)に掲載した。早速、東電さんから編集長以下、柏崎原発見学への“ご招待”に預かって、この費用はどこから? 何故にと感じざるを得なかった。
②現在、県北から高崎市西部を横断する「送電線50万ボルト西上武幹線」建設時、電磁波についてWHO見解と東電の安全性数値には約一万倍の乖離があり、議員として地元民への説明責任を求めた時の住民対策特別チームの実態等。
(枚挙に数限りないが……)
 
 ここに21年前の小説がある。
 文学伝習所の師、作家・井上光晴の『輸送』(文芸春秋社刊)には、キャスク(核廃棄物容器)の輸送車暴走後の、汚染した海辺の市民生活が描かれている。1986年4月26日の「チェルノブイリ原発事故」の起きた月末(通例その頃は文芸誌の締切日)、井上さんは「作家の想像力」=「想像力の革命」にて「文学界」への『西海原子力発電所』(1986年9月文芸春秋社刊)を執筆中だったが、「現実が想像力を越えてしまった」として後半部は急きょテーマを変更した由。が、映画にもなった長崎の原爆投下直前までの市民生活を描いた『明日』(集英社1982年刊)を初め、核問題にも固執した作家として、1988年明け「文学界」連載を経て、発刊されたのが『輸送』であった。あとがきには改変への経緯がある。当然、話題作として各書評欄に載った。
 冒頭の副題は、「鶏は毎朝啼きますよね。それが啼かなくなったとです。どの家の鶏も啼きません。たまにはずうずういいよる鶏がおっても声を出し切らんとです」に続く記述で、放射線流出で汚染された生活の底知れぬ不気味さが漂う表現である。
今日この時も、幸い本当に(福島の)鶏はまだ啼いてくれているのだろうか?

 一連の井上作品の威力に惹かれて、事務局的に月末に井上家に電話し通信を仕上げていたので少なからずの記憶があるつもりだった。2冊が一度に探しだせないまま、久々に電話し「先生がお元気だったら……」となまじの記憶で話していたら、程なく混同に気がつかれた奥さんから、念のためにとの電話あり。
 仮に人間の記憶から薄れても、今世紀どころか永遠に人類の愚かさとともに大地に染みつき刻みつけられるのが、今回の人災的原発事故だ。戦争と同じく絶対に風化させてはならない体験を「原体験」と呼ぶと、この作家は説いた。
 さて、核時代下の恐怖が現実のものとなってしまった今日、好まざる道を無理やり歩かさせられている者の一人として、次のことを切望する次第だ。
①どうか、現政権さんよ。国民に全て真実の報道をして戴きたい。
②原発は即刻停止。新国策として自然エネルキーへの転換を。決して電力は不足していないことは実証されつつあるが、仮に不足でも国民は耐えられる、ねばならぬ。これからを生きる子供たちの未来を想えば……     



同じカテゴリー(紹介)の記事画像
スラグ問題、千葉県でも
宮本さんの長崎での講演録にて、一足早くお聴きください
マイナンバー・通知カードは受け取り拒否がベスト
県議選無投票の八ッ場現地 そして政務調費の使われ方
ご参加ありがとうございました。
高崎の桜は、水の中
同じカテゴリー(紹介)の記事
 消される前に、古舘キャスターの渾身の一滴番組をご覧ください!! (2016-03-20 19:47)
 学習会の報告にかえて、メール文転載 (2016-02-10 23:59)
 スラグ問題、千葉県でも (2016-01-24 21:55)
 宮本さんの長崎での講演録にて、一足早くお聴きください (2015-12-14 22:50)
 12/6(日)嘉田前滋賀県知事等によるシンポ (2015-12-04 23:34)
 今夜9時 BS1長良川河口堰〜公共事業は誰のものか〜 (2015-12-03 20:44)

Posted by やんばちゃん at 08:38│Comments(1)紹介
この記事へのコメント
現在の状況を自分以外の誰かの所為にしたいだけなんでしょう
自民党が悪い
東電が悪い
あなたは結局そう言いたいだけなんです
Posted by やんば at 2011年04月28日 20:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
鶏は啼いとるもんね。まだ
    コメント(1)