2011年04月11日

想像力にて執筆された原発小説


 前回の記述の後半部に記した、作家・井上光晴の今日の放射線汚染問題をテーマにした2作品のお知らせです。
 これらは、想像力を駆使した作家・井上光晴による小説ですので、その点はご留意くださいますよう。
 これらの作品に限らず、いつも「作家の想像力けにおいて、時代を事実を先取りされるのがお得意技でした。そして、近年は現実が想像力を追い超すそくどが早くなったと語っていました。 
  ①金属バット事件の隠れた真相を、裁判過程で明らかになる前に小説化していた。
  ②性犯罪の低年齢化  『神咲道生少年の記録』

井上光晴著 原発関連テーマの著作
、『西海原子力発電所』(1986年9月30日 文芸春秋社刊)
 1986年4月26日 「チェルノブイリ原発事故」発生す。
 通例、月末のその頃は文芸誌の締切日。
 当時、井上光晴は「作家の想像力」=「想像力の革命」にて「文学界」に、この『西海原子力発電所』を発表する予定で筆を進めていた。炉心溶融後の放射性物質の汚染によって揺れる市民生活を、西海の海辺の町を舞台に展開するストーリィーであったという。が、「現実が想像力を越えてしまった」として後半部は急きょテーマを変更したと次の『輸送』のあとがきに記している。
 劇中劇に「ブルトニウムの秋」を援用している。
  初出「文学界」1986年7・8月号(5月末・6月末)

、『輸送』1989年2月15日 文芸春秋社刊)
 三部構成になっている。
  初出  輸送          「文学界}1988年3月号
       青い空 黄色い日   〃      〃 7月号
       クレパス         〃      〃10月号
    ※暗い色調の赤い色調に「輸送」の文字が埋没するような、不安を表現した想定は、わが前橋出身のおなじみの司修さんの作品です。……記憶に間違いなければ、司さんの「装丁展」の展示物にもあったような。
   
 「あとがき」によれば、
    ---大略ーーー
 小説『西海原子力発電所』(文芸春秋社刊)の執筆中、チェルノブイリ原発の爆発に直面して、私は急遽テーマを改変したが、今になって思えば、構想した通り、西海原子力発電所の原子炉事故によってこの上もなく汚染されていく町や港の状況を克明に描写すればよかったのである。
 創作>、『輸送』は、その悔恨を踏まえて書いた。核使用済み燃料の輸送にまつわる小説である。核廃棄物の輸送は、今われわれの生存する地点で絶え間なく行われており、キャスク(核廃棄物容器)に万一の事故があれば、間違いなくチェルノブイリを再現することになろう。
     --略ーー
 あえていうが、『輸送』は近未来小説ではなく、SFでもない。この作の主題は文字通り「明日」にかかわる「今日」そのものの現実におかれている。
 ストーリィの行く末に「壊滅の状況」をあえて採らなかったのも、飽くまで「今日」の生活に密着した人間の痛苦と情感を描写したかったのだ。
    ーーー以下、略ーーー
 
 極度の緊張感を強いられるキャスク輸送の運転手は精神に異常をきたし、西海の海は流出した核廃棄物で汚染される。
 圧巻は「青い空 黄色い日」の中で、一時避難が解かれて再び、元通りの生活に戻ろうとした主婦は、子供たちに食べさせる真新しい卵を養鶏農家からわけてもらって心弾ませて帰宅しようとしていた。そして、飼っていた猫の不審な行動を追っていった息子の呼ぶ声に濱辺におりる。そこには浜に打ち上げられた汚染された魚を存分に食べた猫たちがをよろけながら吐いたり苦しんでいる異様な姿であった。
 戦慄をともなうほどの描写力で、この恐ろしい光景が描かれている。
 「なきじゃくる息子の肩を抱き寄せ、彼女は奥歯を噛みしめて全身の震えに抵抗する。--略ーー大人にも信じ難いこの光景を九歳の息子にどう解明することができよう。ーー略ーー波打際は黒ずんだ縁どりに飾られ、そこからはっする腐臭は浜全体に漂っている。彼女は強張る腕を振上げると、卵の入った袋を方角も見定めず放り投げた」。
 
 なぜ、彼女こと、河合妙子は猫の汚染死をみて、買ったばかりの卵を投げたか。
 つまり、「ふあふあのオムレツたべたかねぇ」と冷蔵庫の残りものを使わず、わざわざ新しい卵を求めて農家から分けてもらった、その養鶏主が移転先から1日置きに通って、エサをくれた養鶏所の卵もまた、汚染されていたことに気がついたからであった。しかも、養鶏主は「それにしても、昨夜の晩の雨はあんまりよか気持ちのせんやった」と語っているのであった。雨によって放射線物質はより始末が悪くなるのであるから……
 さりげない会話をつづり、その伏線によってより深い効果を放つ、重層的な手法にみちた作品であった。



同じカテゴリー(紹介)の記事画像
スラグ問題、千葉県でも
宮本さんの長崎での講演録にて、一足早くお聴きください
マイナンバー・通知カードは受け取り拒否がベスト
県議選無投票の八ッ場現地 そして政務調費の使われ方
ご参加ありがとうございました。
高崎の桜は、水の中
同じカテゴリー(紹介)の記事
 消される前に、古舘キャスターの渾身の一滴番組をご覧ください!! (2016-03-20 19:47)
 学習会の報告にかえて、メール文転載 (2016-02-10 23:59)
 スラグ問題、千葉県でも (2016-01-24 21:55)
 宮本さんの長崎での講演録にて、一足早くお聴きください (2015-12-14 22:50)
 12/6(日)嘉田前滋賀県知事等によるシンポ (2015-12-04 23:34)
 今夜9時 BS1長良川河口堰〜公共事業は誰のものか〜 (2015-12-03 20:44)

Posted by やんばちゃん at 22:57│Comments(0)紹介
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
想像力にて執筆された原発小説
    コメント(0)