2011年06月23日

川原畑側、1号橋の橋台工事始まる




 川原畑から川原湯温泉の代替地をつなぐ、1号橋の大規模な橋台工事です。奥に1号橋のP2がそびえています(白い角柱です)。
 先日6/13には工事現場にはまだ資材だけで作業員の姿もなく、何の工事かわからなかったので、6/15付本欄では、「資材置き場」と記してしまいました。その後、長野原町役場に電話して教えて戴きました。で、この日、写真に収めた次第です。
 その時も記しましたが、ここには3軒の家が、脇の進入路沿いに並び、その脇奥にもう一軒ありました。すべて移転しています。昨日は重機がうなり、敷地内のあちこちで、会社ごとの職人さんがせわしなく動いていて、大規模工事の威力を目のあたりにしました。
   
 この工事現場のすぐ後の細道を行くと、標識の「三福天」の史跡があります。もう、どこかに移転しているのでしょうか?

 そして、日増しに工事が進んできて、現在一休み状態になった1号橋のP2の橋脚のある地点、「埋め墓」のあった高台から、対岸の川原湯の橋脚P3、P4の工事現場を写した俯瞰写真子です。手前の角柱が吾妻川の右岸と国道145号との間に建設されているP3。JR線の川原湯温泉駅と吾妻川上流の横並びの位置にあります。
 国道を挟んで、かつての「ふるさと」(郷土料理の店)さんの跡地での橋脚P4?の工事風景です。
 「中止」声明後の総額52億円の工事にて、その建設是非をめぐって賛否両論があったことは記憶にあたらしいことです。
 





同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 22:42│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川原畑側、1号橋の橋台工事始まる
    コメント(0)