2011年07月30日

吾妻川、平穏なり




手前が吾妻川、合流する濁流が利根川です。
本日午後、渋川市内の大正橋上流、吾妻川にかかるおちあい橋から撮ったものです。
 
 それにしても、利根川の濁流は観ていても怖いくらいでしたが、吾妻川はゆったりといつもの通り。長野原町の方に写真を撮っておいていただこうとして、電話しましたら、雨も降らず上天気で、水かさは増していなかったとのことでした。本当にいつもの通りでした。
 
 群馬県庁の近くの建物、8/20に学習会をする、「男女共同参画センター」での会合の折に、河川敷いっぱいに流れる利根川の水量に驚いたのが、本日の川筋めぐりの発端でした。
 長年、思いこみで当地から渋川市内を通過して、長野原町や沼田市に行く時にわたる「吾妻橋」(本日、橋の名前を確認)を通過するのですが、その下を流れるのが、利根川なのだと勘違いしておりました。
 今日も、そのように思って橋上を通過する際、水かさが少ないし市濁っていないので不思議に感じた次第です。うろ覚えの頭には、この上流のどこかで利根川で合流しているはずなのに、おかしいな。前橋市内ではあんなに濁っていたのに……と思いました。
 長いこと、車を走らせながら、読めた「吾妻橋」。吾妻川にかかるのだから「吾妻橋」に決まってます。道理で、以前、渋川市の方と話ほした際にかみあわなかったはずでした。
 
 


ようやく、判明。となると合流点はもっと下流のはずと何本か道をおりて、写真の場所に出くわしたしだいです。
 怖々と角度を変えては写真を撮っている耳に、突然、列車の汽笛が。見ると右手やや下流の橋、それが大正橋だったのでしたが、なんといま話題のSL列車が高崎・新前橋方向から走ってきたのです。
 これは「群馬デスティネーション」の一環で、土・日に走らせているようでした。
 小さいけれど、お分かりになりますでしょうか。やはり、容量を縮小するとクッキリとならないようですね。

 そして、その大正橋の際では、SL撮影のカメラマンさんたちが帰り支度の最中でした。その場にいた方の情報によりますと、明日も16時19分とかに通過するそうで、撮影ポイントとのことでした。

 その大正橋とJR線は平行しています。その付近のもう吾妻川も一体となっていますが、利根川の濁流の様です。
 この時の流量は、1秒間におよそ900㌧とのことでした。なぜ、わかったかについては、後ほど。





同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 23:17│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
吾妻川、平穏なり
    コメント(0)