2011年08月06日

進みました。川原湯神社前・JR線工事




 本日は、二カ月近く前からお話のあった、ある団体さんの現地案内で八ッ場へ行ってきました。
 「国策として原発とダム建設」の視点からの研修旅行とのことでした。
 午前中、品木ダムへ行き、午後はき八ッ場入り。高齢者もいること。夕刻は早めの帰宅希望ということもあり、主催者の方は、川原湯温泉の散策に絞りました。
 ところが、2号橋~川原湯神社トンネルの一部区間が、未だ未工事で、「大型車乗り入れ禁止」。
 往生しました。このことはいずれ詳しく記したいと思いますが……
 しかも、よほど、“まぬかざる客”なのか、吾妻渓谷入口の新道路から川原湯代替地を通って、川原湯温泉トンネルにさしかかろうとした際に、雨。
 従って、これで大慌て。隊列は崩れて三々五々の呈になってしまいました。
 
 写真は、神社前に繰り広げられていたJR線の付替工事風景です。
 右手のクレーン車前のゲートのような鉄材の骨組みに至る道筋は、丈の高い雑草に覆われていましたが、今はすっかり取り払われたようですね。突き進むと、左側の壁面のような壁に三方を遮断された空間がありましたが、画面中央のような、たぶんその場所は鉄路の予定地だったようですね。
 遠くに2号橋がかすかに見えるのがお分かりになりますでしょうか?



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 22:03│Comments(2)八ッ場だより
この記事へのコメント
初めまして、約3年ほど前から写真撮影も含めまして当温泉のファンであります。8月6日は私も行きました。大雨の中3時半ころ着きましたが王湯は貸切状態でした。女将さんが「この大雨でお客さんがみな帰ってしまったんよ」って行ってました。ところで神社付近のこの工事現場がJRの付け替えとは全く知りませんでした。それと、今回の温泉街の土砂崩れは足湯奥からということで、6日はここに車を止めていたのでビックリしています。1日ずれていたらと思うとぞっとしますね。温泉街の道路はどうだったのでしょうか?お盆休みにまた行ってみようかと思っています。ここのお湯はすごいです。
Posted by 松戸の紋次郎 at 2011年08月10日 18:51
松戸の紋次郎 様

お便り、ありがとうございます。
それにしても、「ここのお湯はすごいです」。それこそすごい言葉です。川原湯温泉の泉質を愛してくださって。
 8日に私が温泉街に訪れた時には、もう片付いていたのでしたが、先程見た、現地の方のブログからの情報によれば、腰丈まである濁流が王湯付近には押し寄せたようですよ。大きな幹の松の木なども流れてきています。いずれ、何かの形でご紹介させて戴きたいと思います)
 お互いに1日違いで良かったですよね。
 お返事遅れてしまいましたこと、お許しください。どうぞ、またお便りくださいませ。
  ---うれしいご縁に感謝しつつーー
Posted by やんばちゃん at 2011年08月11日 23:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
進みました。川原湯神社前・JR線工事
    コメント(2)