2011年08月09日

(四)見よ、この水の威力を


 それではきちんと流れることのできなかった大水は、どこに流れ、どんな災害をもたらしたのか


 最も注目されたのが、この大きな陥没箇所でした。知事たちの視察現場として、複数のマスコミがここでの写真を用いているようです。(某紙でも最初はここらしかったのでしたが、県内版は違ってましたけれど……)。
 この場所の奥の部分を拡大したのが、次の写真です。長い杉の木が2本、横倒しになっているのがおわかりになりますでしょうか。
 この真下の木立の先に、国交省・相談センターがあり、国道145合線を経て川原湯温泉駅が拡がるのです。ですので、まずはその真上と踏んで歩きだしたわけでした。でね続いてその判断材料となった、玄関もうずまった相談センターの写真も添付します。


 
 




 その他の衝撃場面も添えてみます。
 代替地への道を歩きだしますと、ほどなくの最初のカーブには側溝からはみ出した土砂類や小石が散乱していました。そして、コンクリートの側溝蓋を自在に動かしてしまった、恐ろしいほどの水の作用に驚かされてしまった次第です。
 
 さらに次のカーブを曲がり、交通止め標識のある方角に曲がらず、直進すると、代替地への現在の進入路(?県道川原畑大戸線)で、標識方向に進むと、前回示した決壊場所に行きあたるわけです。
  



 その道筋は、次のような光景が広がります。U字口の下は不覚えぐられ陥没しています。
 まず、



 



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 21:59│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(四)見よ、この水の威力を
    コメント(0)