2011年08月20日

21日は川原湯駅前10時です。

 



 本日は、水没地内の知られざる内情が解きほぐされて、成果という意味では、自画自賛を許されるならば、大きな成果と質的にも高いものがあったと思います。
 現地からおいでくだされ、本音で語ってくださいました篠原幸四郎さん、本当にありがとうございました。しかし、下流の市民層とでは埋めがたい溝があり、同じく長野原町でも水没地内と非水没地内では大きな乖離があることを、はからずも飛び出た“真実”に想わず笑いころげあいながらも、思い知らされた次第です。でも、一方通行ではなく、互いに響き合って語れる、こういう話し合いが必要と思われます。
 


また、「吾妻川上流開発事業」にまつわる幾つかの盲点をパワーポイントを駆使しての解明してくだされたのは、雨宮隆児さん。
 出だしは意表をつかれました。なんと人気テレビドラマだった「チャングムの誓い」中での「ヒ素」問題を浮かびあがらせてからのすべりだし。さらにこれまた驚かされのは、品木ダム湯川で採取したという、2009年ものの、?年代物の中和水のペットボトルの出現。
 かなり綿密な発表で、この方ならではの叡智にとんだものでした。
 篠原さんは体験に基づくお話を。雨宮さんは練り上げた発表で、心ばかりの少ない謝礼で申し訳ない思いです。
 また、篠原さんの送迎を急きょ、かって出てくださったG子さん(お名前、伏せますね)。ご体調がわるいのに受付一式業務をこなしてくださったH子さんたち、参加者の皆々さん、お一人お一人本当にありがとうございました。(皆の協力なので当方がお礼で申し上げる立場にもなく、おかしなものいいですが)
 なお、群馬県県議の小川あきらさん、お忙しいのにありがとうございました。
 本日のことはまた、いずれ詳しく、お話しするとして、ともかく明日の予告編にまいります。

 明日は、チラシにも記させて戴き、本日の雨宮さんのお話にもありましたように、イラストの「吾妻川上流開発事業」の流れの一端に迫るべく、また現地に入ります。
 下記の日程で集合。午前中は打越代替地を見学。
 本日、篠原さんからも地元ならではのご示唆も戴きましたので、またもの“山のぼり”をしたいものと考えています。が、お天気が心配です。
 さらに、川原湯温泉祭りのプレイベントの「子供みこし」を見学後、川筋に入る予定です。嬬恋村の川筋を遡ります。
 ところで、皆さん、嬬恋村の旨い高原キャベツは、販売機ではなんと、50円とのこと。過日は販売機に出会えず、農協さんで求めたのでしたが、大ぶりのが98円でしたが、味の面から言っても、お買い得品でした。  
  
  日時 8/21 10時 川原湯温泉駅  
    打越代替地→ 川原湯温泉祭り・「子供みこし」県学→万座川などへ

  天気と参加者の顔ぶれによって、変更もあります。当日または途中参加もかまいませんが、ともかく、ちょっと電話ください。  090 2910 4722



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 22:27│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
21日は川原湯駅前10時です。
    コメント(0)