2011年09月07日

吾妻川の吾妻渓谷は、自然調節果たします




昨日6日の吾妻川。やんば近くの栄橋の上から、丸岩山を望んだ、定位置的吾妻川のスポット場所です。
確かに雨量は多く、両側の草の上にも、川岸いっぱいに水が流れたことを物語っています。

続いて、橋下の川原湯岩脈・昇龍岩をか流れ行く水の様を。右手木立の奥に川原湯温泉街があります。



 ご存知のように、吾妻川では、ダムはなくとも大丈夫!!
 大雨が降れば、ダムは放流となりまするかえって危なく、そのための事故が発生してきました。ダムは造っては壊す、どっかのそういうことが好きな方たちの道具でしかありませんでした。
 でも、もう資金がありません。さらなる増税は厭です。
 もちろん、カスリーン台風には関係なし。
 死者がでたのは、利根川の支流の、赤城何面の、桃の木川の支流の「赤城白川」の土石流と氾濫によるものと調べてくれた方がいます。吾妻川はその上流の渋川市内で合流するのです。
 カスリーン台風うんぬんは、ダムを造りたい人々、どっかの誰かさんたちが作った勝手な神話、欲物語ですってさ。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 22:19│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
吾妻川の吾妻渓谷は、自然調節果たします
    コメント(0)