2011年09月27日

知事たちの申し入れ書

 


前田国交大臣に、一都五県知事名で堤出した「申し入れ書」です。
 末尾に転載いたしました。
 前田大臣発言はいずれ、国交省から発表されるものと思いますが、テープ起こしを後ほどしたいものと思ってはいます。



........................................................
           写  
  八ッ場ダム建設事業の早期完成を求める申し入れ

 9月13日に開催された八ツ場ダム建設事業の関係地方公共団体から
なる検討の場において、八ッ場ダムが治水・利水の両面から最も有利であ
るとの検証結果が国からようやく示されたが、これは我々が再三主張して
きたことであり、いわば当然の結果である。
 この検証結果を踏まえ、一都五県知事は、下記のとおり、国土交通大臣
に強く要望する。
  
            記

Ⅰ 八ッ場ダム建設が最も有利であることが明確に示された今、この検証
結果を最大限尊重し、一刻も早く対応方針を決定するとともに、平成
24年度予算での対応を待つことなく、今年度可能な措置を速やかに実
施し、直ちにダム本体工事に着手すること。


2 ダム本体工事の実施に当たっては、この2年間の遅れを取り戻すため
に予算を集中投資し、基本計画どおり平成27年度までに八ッ場ダムを
完成させること。

3 国の度重なる方針変更により、長年にわたり塗炭の苦しみを味わって
来た地元住民の意見を真摯に受け止め、国の責任において生活再建事業
を早期に完成させること。


 平成23年9月26日
 国土交通大臣 前田 武志 殿
 
                   東京都知事  石原慎太郎
                   埼玉県知事  上田 清司
                   千葉県知事  森田 健作
                   茨城県知事  橋本  昌
                   栃木県知事  福田 富一
                   群馬県知事  大沢 正明



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 12:51│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
知事たちの申し入れ書
    コメント(0)