2011年09月30日

地元民がもっとも良くしっている



【初登場の場所です。さて、ここはどこでしょう? お分かりの方、どうぞご一報を。?粗品ご進呈です】

 さて、うれしいことに、上記写真をアップした処で、電話あり。
 またもの、「新聞折り込みを見た」とのお電話でした。
 「こういうチラシが入ったんは、初めてだい」との言葉に、お叱りかと身構えましたが、そうではありませんでした。「年寄りで会合に行けねぇから、電話してみたんだい」とのことでした。
 「清水知事が地元を泣かせねえといってたけれど」とか、「自民党県議団は約束守らねえ。味方だと想わせた高島県議が裏切った。そん時に、反対期成同盟が入れた念書が守られていねぇ。自民党も県も住民の生活のことはちっとも考えてねぇ」等をおっしゃられてました。
 当時の動きをつぶさにご存知の方と思われます。

 関連して、やはり、お電話くださったある女性がおっしゃられたこの部分に関しては、「自民党は自分たちの時代がまだまだずっと続くと想っていたのよね。だから資金が行きわたるまでなかなか造らなかったのよ。だって、必要ならとっくにできていいるもの」と。
 また違うご意見には、「前の建設省の時だって、ダムが造れる土地ではないことはわかっていたらしいですよ」とのご意見もありました。
 すべて、おっしゃる通り通りです。
 それらが複合して、半世紀59年間、ダムができない、造るのが不向きな八ッ場ダムなのです。
 一部の有力者たちが味わった栄耀栄華の陰で、いかほどの住民が泣き泣き、ふるさとを跡にしたでしょうか?
 
 
 何事も地元の方が最も良く知っていらっしゃいます
 もの言わぬ、言えなかった皆さん、今こそ、声あげてください。
 かけがえのないふるさと・長野原町の存亡の時です!!



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 09:48│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
地元民がもっとも良くしっている
    コメント(0)