2011年11月10日

10/6の意見聴取の報道記事一覧

 



 6日の八ッ場は雨でした。
 それでも、吾妻渓谷の秋のハイライトなので、結構、渓谷沿いにも人手がありました。意見聴取の終了後、かなりおしゃべりした後、訪れた15時半過ぎの、やんば館も久しぶりに混雑していました。
 で、ありきたりの光景ではありましたけれど、やんば館側から、2号橋こと不動大橋を撮りました。
 
 以下に、7日の日の記事一覧を。内容が一都五県での実施でしたので、毎日・朝日・読売では全国版でも報道されました。特に朝日ま全国版には、現地在住の女性が初めて、ダムへの懐疑を訴えました。この方は、私たちが去る9/25に行った新聞折込チラシをみて、共鳴。この間、頻繁に連絡をとりあう過程で、子供たちの将来を憂える母親の立場から、意を決して、参加してくださいました。ですので、内部の連絡メール等には、6日の最後の方には注目をと、お伝えしてまいりました
が、6日までは、お立場もありますので、極秘事項とさせていただいておりました。
 この方に続く、第2、第3のダム懐疑論の町民の方たちの出現をお待ちする次第です。
 画期的なこの方の行動を示した記事内容を早く、お伝えしたいと思いながら、6日夜からの思わぬハプニングのパソコンの故障で、ご紹介が遅れてしまいました。 遅ればせながら……
 なお、インタビューの席で、最終的に「名前の公表は拒否」されてましたが、その後、一部新聞社からは断りがあった由にてでてしまってました。
............................

【2011年11月07日 朝日新聞社会面】
http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201111060320.html
八ツ場ダム賛否、住民が意見 1都5県21人思い出交え


 【2011年11月7日 読売新聞群馬版】
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20111106-OYT8T00959.htm
 八ッ場推進派「着手いつ」 地元公聴会反対論、冷めた声も
 (写真)公聴会を迎えた6日、ふだんはひっそりとしている川原湯温泉街も、紅葉目当ての客の姿が見られた(長野原町で)

 【2011年11月7日 東京新聞群馬版】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20111107/CK2011110702000061.html
 割り切れぬ思い 八ッ場ダム公聴会
(写真)意見聴取を終え、取材に応じる篠原憲一さん=長野原町で



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 13:37│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
10/6の意見聴取の報道記事一覧
    コメント(0)