2011年12月17日

八ッ場版“マリコの具合は悪し”

 
 事態はますます悪化。
 一昨日来、意気消沈しています。

 でも、こんなインチキ検証がゆるされるはずがありません。
 実際に、日本学術会議のメンバーの谷 誠・京大教授も「最初から数値がきめられているのなら、学術会議にはかることもないのではなかったか」と質問書を提出しています。
 素案の費用対効果ひとつの算出数値にしても、ムダな1500通ものアンケートを出して、えられたわずかな賛成票をもとにつくりあげた数値です。それへの情報公開を求めても、「墨塗りでもいいですか」との返答となった。

 きっと、このツケは推進してきた面々の上に降り注ぐもの。
 そうでなければ、おかしい。

 一部の旨みをすってきた、そしておろかにもこの先もまだ続くものと思っている役得者や献金をもらってきた自民党議員団
が自分たちの悪業がさらに表に出ることを恐れて、必死になって覆い隠そうとしてのこである。

  八ッ場の民は、全員がムダなダムなど望んではいない。
 これだけ、情報が発達している中で、何が真実か、みな気がついているはず。

 思わず、用いた表題は、日米開戦に際して、水面下で開戦回避に骨おった寺崎駐米大使が、自分の娘の名前を用いて連絡をとった際の暗号文です。この間の一連の検証の闇の部分も、きっと白日のもとにさらされる日がきます。


タグ :八ッ場ダム

同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 08:38│Comments(1)八ッ場だより
この記事へのコメント
中止するつもりはなかったのはその通りだろうね。
付け替え道路や護岸工事は最後まで完成させるという方針だけは
中止だ何だとバカ騒ぎしてた頃から一貫してた。
民主党にとっては、ダムの象徴である堤体を前面に出せばインパクトあると安易に考えたのだろう。
しかし、地味ながらも決して手抜きはできない他の工事は興味なかったものと思われる。
本来、反日ネットワークの全面協力によってガッチリと心を掴むための
目玉政策だったのだろうが、思わぬ反発の大きさにたじろぎ、
今やメンツを潰された格好の前原と僅かな同調者だけが必死に泡噴いてるんだわな。
工期を無駄に延ばしただけでも結構な経済損失はあると思う。
関連業者にとっては少々の雇用維持にはなったかも知れないが。
Posted by STOP八ッ場ダム・市民ネット at 2011年12月18日 11:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
八ッ場版“マリコの具合は悪し”
    コメント(1)