2012年01月28日

その一 抗議文転載 野田首相宛て

 


【JR線工事風景 川原湯神社上付近から 去る1/16撮影】

 昨夕、26日の国会の議事録を送ってくださるとの電話があり、その速さに驚きました。一昨日も記したように、20年前はほぼ2週間後というのが常識だったからです。
 で、「必要部分はテープ起こししたから、郵送でかまいません」と伝えました。
 
 さて、昨日も国会中継に聞き入りました。
 与野党ともに、どうなってるの!! と言ったころですが、それを作業しながらとはいえ、聞いている方が、より阿呆といったところでしょうか。


【抗議文転載】 1/14 簡易書留にて郵送
....................................................
                                 2012年1月9日
 内閣総理大臣・民主党代表
 野田佳彦 様               
           新春にみんなで考える八ッ場ダム「討論・抗議集会」一同
                     連絡先:(ST0P八ッ場ダム・市民ネット)

 マニフェスト不履行、野田政権を弾劾す 

 総裁選に臨み、愛すべきドジョウを巧みな例にだされ、“ドショウ内閣”のネーミングのあなたの出現に、私たち国民は少なからず期待して参りました。
 2001年の補償調印後、工事が進むにつれ、ついに八ッ場の水田地帯のドジョウたちは、白い腹をも褐色の水にまみれさせて死に絶えて行きました。おびただしいドジョウたちの死骸の無残さと、語らずしての訴えは、今もまなかいに浮かびます。
 同様に、ゆったりと生息していた大振りのタニシたちもことごとく死滅いたしました。

 ……野田総理、失礼ながら今やあのドジョウたちの姿はマニフェストに明記したにも係らず不要不急の政治ダム、八ッ場ダムを続行させ、国民を裏切ってなお平然と、約束反故の消費税値上案にうつつをぬかす、昨今のあなたの政権に重なりはしないでしょうか?
 
 2009年9月の総選挙で私たち国民が、民主党に一票を投じたのは、マニフェストに記された前政権の陋習を打ち破る、心踊る政策に魅せられたからに他なりません。
 どれだけ多くの国民が、マニフェストに賛成し、一票を投じたことでしょう。
 どれだけ多くの国民が、ダム事業中止に自然保護の光をみいだしたことでしょう。
 どれだけ多くの国民が、民主党の新しい政治に期待し、投票したことでしょうか。

 多額の予算などなくとも断行できました最後の一つ、八ッ場ダム中止策の政治的取引を黙認した総理。あなたの国民への裏切り行為への責任は大きいものがあります。
 前政権が練り上げた政官財との癒着構造の上に、福田赳夫元総理時代から半世紀にも及ぶ“百害あって一利なしの政治ダム”です。その証拠に、去る2010年2月24日の国土交通委での中島正純衆院議員による群馬県自民党議員団への献金問題はお忘れでしょうか。

 そこで、強く総理に求めます、
一、マニフェスト違反は、公約違反の犯罪です。  
一、「コンクリートから人へ」の公約を遵守し、即刻、八ッ場ダムを中止すべきです。
一、「消費税値上」は公約違反です。その前にムダな経費削減をすべきです。
一、年間のダム総予算2100億円は、震災復興にまわすべきです。
一、国民は野田総理に民主党に絶望しきっている現実を認識自覚して下さい。
一、原点に戻り、前政権の亜流の如き悪しき政治にピリオドを打ってください。
一、起死回生の道は、12/29日夜の「(中止に向けての)裁定案の遵守」しかありません。
一、官僚シナリオへの逆転劇を、総理自ら、その政治生命をかけて演じてください。 

 さもなくば、八ッ場のドショウ並みにドジョウ内閣の終焉となりましょう。
 その時、わたし達は断固、変質した民主党に抗議し、あなたの総理辞職をも求めます。
以上、決議す。   



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 23:59│Comments(1)八ッ場だより
この記事へのコメント
八ッ場ダム推進するなら、環境を守りながらでも出来る。
ダムを造った後、人を集める方法はある。温泉地を造っただけでは、将来寂れていくのは目に見えている。
四季がある日本なら、ダムの周りを観賞する自然はいくらでも作れるし、水質を維持する技術は沢山ある。レジャーも、散策山道や、ダム湖を使った釣り堀、そこに放つための養殖、釣った魚を料理する店や旅館。
これだけでも将来、建設費や維持費を賄う収入は期待できる。
そういった建設的な案も出さなければ、反対は決してなくならない。
行政などの怠慢でしかない。
Posted by 名無しさん at 2012年01月29日 18:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
その一 抗議文転載 野田首相宛て
    コメント(1)