2012年03月14日

中止ビラ配布、八ッ場の特産物、売りました!!




 11日の「3・11さよなら原発アクション」は終わりました。
 翌12日の晴天に、これが逆だったらとは思いましたが、でも朝晩の雨はありましたが、開催中は降られず、良かったです。
 
 冒頭の写真はデモが終り、そろそろテントをたたむ寸前に、垂れ幕とこの日の物産品の記念写真としての撮影です。両側で、スタッフが支えています。
 なかなか良いデザインでしょ。依頼した、前橋市のゆうゆう共済さんのご担当の若い女性の方に、「あなたの感性でお願いしますね」と申し上げたのが効ほを奏しました。県教祖内の組織ですが、とっても安価に印刷やこの手のことを受けてくださいます。かつての顔みしりの職員さんたちも、もうたった2名となり、時の変遷を感じます。

 おかげさまで味噌とそば粉の小さいのは完売!!(個数は記さぬが華!)。上の写真右の?みそ色の布地は、製造元からお借りしたもの。もも太郎旗になるのですが、出がけに器具がみつからず、テントの両脇に張り付けた次第。
 この後、ヨーク゜ルトとクルミが完売。そして、さらに花豆の甘納豆も終りに。
 ようやく、昨日13日、整理が完了。売上計算も完了。
 これだけの人員による事前と事後のエネルギーと時間の消耗を考えれば、フリーマーケットはあった話ではありません。でも、代えられないふれあいの「絆」があるから、続けられんです。
 おかげさまで、多くの出会いと感動がありました。
 後半は、チラシ撒きに総出で飛び出しました。
 
 この上毛かるたは朝の場所決めの際のくじ引きに使われた札です。 区画の場所に読札があり、選んだとり札と照合させるのです。考案者のアイデア、なかなかイキですね。
 「ち」の札とって、「あ、力あわせる200万だ」と幸先良しと大喜び。本大会のキャッチフレーズ、それと配布チラシの「群馬県民の力合わせて」と符合したからです。思わず、荷降ろしの忙しい時なのに写真に収めたのでした。
 でも、その場所は、なんと、最も南端。2500人もの方が集まったのに、ほとんど人が来ないどんじりの場所で、朝方の高揚感はヌカ喜びだったのでした。

 本部舞台に遠く、ほとんど出歩けなかったので、全体の進行やイベントの模様についてはプログラムでしか知りえませんでした。
 当日の報告は各紙の報道で、ご覧ください。
 

 【2012年3月12日 東京新聞群馬版】
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120312/CK2012031202000070.html
  被災者と脱原発訴え 高崎でデモ・集会 2000人参加
 脱原発のデモ行進をする県民=高崎市で



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 09:34│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
中止ビラ配布、八ッ場の特産物、売りました!!
    コメント(0)