2012年07月11日

水はひいたけれど、土砂はたまっていた松葉沢




  昨日10日、第4回のチラシを新聞折り込みするために、長野原町へ行きました。
 その際、昨日の本欄に掲げました、去る7日の大雨・大洪水の現場に、訪れてみました。跡形もない現場の様子です。
時刻は、7日の日より、1時間ほど遅い18時すぎでした。



 昨日の松葉沢の流れです。
 左手の褐色の土手は、上流の国道際の酸性土壌が流れ込み、変化しているのです。アンカーの打ちこまれたノリ面と同じいろです。
 次の写真は、同じくの松葉沢の7日の様です。雷雨の最中でしたので鮮明ではありませんが……






 けれど、まだできたばかりの排水口には、土砂が写真のように堆積していました。7日は飲み込めないくらいに盛り上がってました。その場面、ビデオにはあるんですけれど……






同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 22:53│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
水はひいたけれど、土砂はたまっていた松葉沢
    コメント(0)