2012年10月31日

今年の吾妻渓谷の写真には、1号橋があり





 26日の吾妻渓谷、滝見橋から上流方向です。
 今年は、陸橋の向こうに1号橋が見えます。

 次のは、同一地点、滝見橋から下流方向の景色です。色づきが鮮やかでしたね。それにしても、転流工は何としても無粋ですね。真ん中の小山は、小蓬莱。この後ろに380㍍の転流工が抜けます。
 

 さて、本日の上毛新聞には、県内各地の紅葉の名所が、複数面にわたり大きく報道されています。
 わが八ッ場では、もちろん、吾妻渓谷。それは千歳新橋から下流方向を臨んだ写真です。
 負けじとばかりに、5日前の写真をかかげましたが、紅葉の度合いも、1号橋の迫力も負けてました。
 ところで、この写真をみて、紅葉に魅せられたご恩のある方々のお一人から連絡があり、「八ッ場を案内せよ」とのご任命、かつご命令に従いまして、またまた明日は八ッ場行き。
 先程、現地の方に伺いましたら、今がハイライトで、それはそれは見事な色づきだそうです。
  当方、まさに“八ッ場専属旅行コンダクター”とやらでしょうか。専属というより、そこしか知らないと言ったほうが表現的にはふさわしいですね。
 歌の文句の 「それこれがこのままできるなら、こんな気楽な稼業な~し」と行きたいところですが…… しかも、本日おしゃべりに費やした時間のために、遅れに遅れてしまっている作業を、何とか明日の朝までに仕上げなければならずで、いささかきついものがあります。……でも、最高の紅葉にであえるのですから、良しとしましょ!!

 「大滝ダムの惨状を見よ」と関西方面からのツアー客 
 ところで、26日、大阪方面からのバス2台の観光客で、橋の上は超満員でした。
 で、駐車場から、眼下のその様を写していたら、階段をあがってきた方が、「真っ青なきれいな水ですねぇ」と簡単の声。「テレビでみていた、十字架の橋がみられてシアワセ」とかおっしゃってました。で、すぐ反応。直ちに激しやすい性質ゆえに、「青い水≒中和の原理」についてだけではなく、いかにムダか、先々、どんなツケを残すのかとまくしたててしまいました。
 ここでの救いは、関西の皆さんらしく、「地すべりのいい例は、大滝ダム!!」と大きな声をあげてくださったことでした。「ヒドイもんだよ。行ってみなそいよ。メチャめちゃですよ」と。はい、行きたくてならないダムの一つです。「ダムのことはよく知っているよ」の男性の言葉に、さらに気を良くして、走り出してから気がついてね車を停車。歩いてみえる先程の男性の方に、持っていたチラシ類をお渡ししたり、八面六ぴの大活躍でした。
 さすがは、淀川のある大阪人は冴えています。
 毎回、訪れる度に温泉卵をゆでながら熱弁振るうと、「本当だ。ガンバレよ」とおっしゃって下さるか方々。本当に毎回、ここで署名活動をしたくなりました。

 しゃべりだしたら、止まらずの生来の性癖ゆえに、思わぬ時間を費やし、興奮気味のそのあげくに今度は、神様の罰とも思える?ビデオ紛失事件の失態にて、駆けずりまわること小一時間。
 本当に先天的、構造的に、ダム以上にムダにできているヒトのようです。「ようです」ではなく、「です」でした。



 

 



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 21:57│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今年の吾妻渓谷の写真には、1号橋があり
    コメント(0)