2014年06月17日

人災だった、バイオントダムの真実

 映画「シロウオ―原発立地を断念させた町」の上映会は何とか終わりました。
 後ほど、詳述しますが、おかげ様で多くの出会いがありました。
 心身ともに傷めついた本日は、この間たまっていたとりあえずの家事、雑用、そして早朝2~3時間かかるタケノコ採りをてばやく済ませて、ようやく夕方から、パソコンの前に座れました。

 さらに、久々にクリックした、次の雨宮隆児さんのツイッターの表題に惹かれてクリック。内容の衝撃さに約49分間を一気に見入ってしまいました。
   https://twitter.com/ryuji_am
※このツイッターを開けない方もいらっしゃるもしれませんので、雨宮さんの本文を下記に転載させて戴きます。
 【元題は「Mountain Tsunami」=山に起こる津波 かつて実際にあったダムで起きた崩壊を題材にした映像。イタリアのバイオントダムでは周囲の地質が脆く、1963年にダム直上の岸で大規模な地すべりが起きた。... http://fb.me/1tURUEazG
 
 ナショナルジオグラフィックチャンネル
 http://gyao.yahoo.co.jp/p/00867/v00204/
 衝撃の瞬間5 ダム津波の脅威
 http://gyao.yahoo.co.jp/player/00867/v00204/v1000000000000007447/

 どうやら、見損なってきた2時間もあるという、映画とは異なる新作のようです。
 そこで、調べてみました。第5シリーズ9話 『ダム津波の脅威』という晋作のようです。「第2シリーズ10話」も観たいものです。
 
  ① ドキュメンタリー[編集]
    衝撃の瞬間(ナショナルジオグラフィックチャンネル)
   第2シリーズ10話 『イタリア・ダム崩壊事故』
   第5シリーズ9話 『ダム津波の脅威』
  ② 劇映画[編集]
   プロジェクトV(バイオント) 史上最悪のダム災害(原題:"Vajont - La diga del disonore")
  イタリア・フランス、2001年制作。レンツォ・マルチネリ監督 (it:Renzo Martinelli) 、ダニエル・オートゥイユ主演

  無料で観られるのは、~7/1までのようです。
  そこで、なにはともあれ、皆様にお知らせをと思い立ちました。
  早速、あちこちにお知らせ。
  現地のみなさんにもお知らせしたいのですが、パソコンを使える方ぱいないので、困惑しています。簡単にダビング的なことができるといいのですが…… 著作権の問題もありますし、技術的にもムリですよね。どなたか、お教え寝返れば幸いです。

 そこで、あるお宅には「息子さんのパソコンのメール番号を聞いてよ」とも言ってみた次第です。
 と言いますのは昨日のメールに、現地関係者らしいある方からの下の写真の当会作成・頒布中のDVDについての問い合わせがあり、「息子のPCを借りました」との文言があったからでした。
 
 併せて、中村さん監修の「八ッ場の地滑り問題」を追ったこちらのご注文も、よろしくお願い致します。一昨日の映画会上での、当会の売上ナンバーワンでした。
 販価:1000円(送料込み)
レーベル印刷ズミ












同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 20:11│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
人災だった、バイオントダムの真実
    コメント(0)