2014年06月25日

知っているんでしょうかね?太田国交大臣は仮締切決壊を


  吾妻渓谷「仮締切」工事、6/12に決壊。工事はふりだしに! 10月着工の本体工事に影響あり

 20日に撮影の、おなじみの吾妻渓谷の写真ですが、皆さん、おかしいとお思いになられませんか。
 転流工の脇には「仮締切工事」によって、最終的には29㍍にも達する石垣が積まれ出し、「栃洞の滝」は黒い排水管で、上流部に迂回させられていたはずだったのは、ご存じのこちとと想います。
 これでは、もとの吾妻渓谷の「栃洞の滝」周辺の景色でしょ!!  
 思わず、 「バンザイ」と叫びたくなった景色なのです。豊かな水量の栃洞の滝はとうとうと流れおち。吾妻渓谷はゆったりと快く流れて、喜び勇んでるように感じられました。これぞ、吾妻渓谷本来の形です。
 
 実は去る12日に、この間の降り積もった雨(雨の少ないこの地域ではそんなに多い雨量でもなかった?と感じていますが)で、転流工の吞み口付近でしめきって、水を迂回させていた石積みが流されてしまったのでした。
 12日の午前中のことだったそうです。
 そして、20日の日時点では、今後の善後策について、八ッ場ダム工事事務所と協議中とのことでした。

 これにて、3/14~6/12までの約3か月間の工事は、元の木阿弥に。そして、工期の7月末までには、約1か月ほどしかあれません。本体工事10月着工には、支障をきたすのは、明白なこととなりました

 ところが、佐々木八ッ場ダム工事事務所長は、
  17日 長野原町議会
  18日 水没5地区連合会議 

の公の場でも、住民に対して、一言の説明もしなかったのだそうです。

 さて本日は太田明宏国土交通大臣が、初の視察に八ッ場入りです。
 果たして、佐々木所長はどんな説明報告をするのでしょうか?
 見学地は、打越代替地ですから、たぶん、吾妻渓谷なんかは素通りでしょう。そして、大本営発表型の美辞麗句が並ぶことでしょう。
 

 ともかく、現地に行ってみたいと思います。
 この間、この決壊のことに関しても、書きたいことがいっぱいありましたが…… 本当に雑用に追われ続けててしまって、その上、疲労の極の日曜日には、竹やぶで躓いて、2度目の肋骨、しかも同じ場所の今度はより大きな骨折までしてしまいまして……
 そんな中で、催促・約束なしのブログアップはおろそかになってしまいました。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 08:43│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
知っているんでしょうかね?太田国交大臣は仮締切決壊を
    コメント(0)