2014年08月09日

本体工事列車=災害突入列車となるは必定か 国交省も資金的に「火の車」



写真は、去る7月30日の新川原湯温泉駅のプラットホームです。
土地の方によれば、前日29日にプラットホームの椅子が設置され、事実上の完成となったそうで、この日は作業はお休みとのことでした。


なお、今般の鉄鋼スラグ問題についても、前回の18カ所の説明会の席で、住民の質問に対し、佐々木八ッ場ダム工事所長は「自然界にはありうることなので……」と応、意にも介さなかったとのことでした。
ただちに撤去せず、「大丈夫」とばかりにこのまま、進めてしまうつもりなんでしょうか?

本体工事の入札も終わり、どうやら、あくまでも10月からの本体工事着工にむけて、軌道修正はなく、突き進むようです。……で、その先には大事故発生の恐れが多分にあります。
「事故が起きれば、ここまで進んできたものをとなって、下流都県から、すぐに追加予算が取れる? だから、本体工事をあんなに急いでいるんさ」とは、ある地元の方のうがった意見です。?国交省さんも、資金的に「火の車」。




同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 23:08│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
本体工事列車=災害突入列車となるは必定か 国交省も資金的に「火の車」
    コメント(0)