2014年08月17日

有害スラグ、新川原湯温泉駅鉄路沿いにもびっしり



 ご覧ください。
 一帯に有害スラグが、多量に使われています。
 ここは、川原湯神社上の川原湯トンネル入口からみた、新川原湯温泉駅方向。
 写真手前右側の下方はトンネル入口。ここから電車が地上に出たり入ったりする場所です。
 この写真の奥の新駅舎が見えますでしょうか? 
 鉄路、両側にズラリ、びっしりと敷き詰められているのです。


 その手前、鉄路の左右の空き地についての説明は、「今の時期にしては、雑草の生え具合が少ないでしょう」の説明をきいて、ビックリ。
 鉄路左手の長ぼそい敷地は、なんとあるお宅の持ち物で、ここに移転する計画なのでしたから。思わず「〇〇さん家があそこに家建てるのよ」と叫んでしまいましたところ、「えぇ、あんなところに出る家があるん!」と参加者の方たちから、驚きの声が複数上がりました。
 よほど、時間的には間に合わないだろうけれど、電話して所有者の方に、この識者の方の説明を直に聴いて欲しいと思ったものでした。
 もちろん、解散後、真っ先にお知らせに上がり、「まだ、家造らなくてよかったね」と言いましたけれど……  
 実は、2月に問題が発覚した時点で、このお宅では心配で、町の説明会に臨んだところ、国交省から「安全性に問題なし。既定以内の使用量」と言われてきていたと以前に聴いておりました。でも、今回はこんないい加減な説明では許されません。
 国・県・町・業者・企業とも、一帯なのですから。
 
 

 いつの間にか、この敷地にまで歩いていかれていた、(以前、ご覧になられていたらしい)参加者の方が戻ってみえて、おっしゃることには、「擁壁際にはびっしりあったけれど、今はその上に土をかけてある」とおっしゃていられました。こういう小手先の処理で済むほど、単純な問題ではありえないことは、科学にうとい素人でも判断できます。

 
示されている指先の下の白い石のようなものが、有害スラグを含む鉄鋼です。黒褐色の斑点がでています。初めて接する私でも、次第に目が慣れてきまして見つけられます。
 素手でつかんでしまいましたら、「キケンですよ」と慌てて、ビニール手袋を渡されたものでした。
 


 
 

写真は、調査中の専門家と市民グループ。
 鉄鋼ですから、ハンマーでたたいても割れません。割られた断面は、黒い。鉄鋼そのものでした。

 


そして、掘った周辺の土に、フェノールフタレインという試液をかけますと、毒々しい蘇芳色の斑点が現われ出し、徐々に大きくなっていくのでした。強アルカリ性の証拠で、PH12くらいあるそうです。
 


この写真では、よくわからないかもしれませんが、手前がほの赤く感じられませんか? 最初はポツンとした点なのですが、それが広がってゐマーク様は今でも目に浮かび、それはそれは不気味な現象と色あいでした。
 新たな鉱害問題の到来に身震いを覚えました。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
有害スラグ、新川原湯温泉駅鉄路沿いにもびっしり
    コメント(0)