2014年08月27日

吾妻渓谷  8/15、21、25の推移

下記文中の「栃洞の滝」と記述したのは、沢で、その沢の正式名称は、確認を急いでいるのでずか、未だ定かではありません。
 本来の「栃洞の滝」はもっと下流にあり、小蓬莱より、やや上流。丁度、ダム堤の真横辺りに位置します。右岸の代表的な滝です。
 ミスをお詫び致します。
             2014年12月1日


center>
お伝えしたいことがいっぱいありますのに、またまた心ならずもの空白でした。
 「大同特殊鋼スラグ問題」については、まだまだ書きたりませんが、ちょっと閑話休題的に吾妻渓谷仮締切工事の進捗度を。
.......................................................
一、 去る8/25の吾妻渓谷、仮締切風景です。
 ➀8/25 ②8/21、③8/15の変化をご覧ください。あえて、アップに致しました。
  なんと、非情にもその直下では、コンクリート壁の土台が進んでいます。前からあったように思えますが、ここに29メートルものミニダムができるのではないでしょうか? 川を切断したような赤い鉄杭。吾妻渓谷の地霊よ、怒れと伝えたい!!
(当初、私達には全容が計り知れないので、勘違いしていたようでしたが、石堤の高さが29メートルではなく、石堤で水を堰きとめて、その下方でミニダムを造る工事のようです)。

 栃洞の滝は、涸れてました。
 さらに下流では、次のような工事が進められていました。石堤の上の作業員が指揮しているようでした。



二、 4日前の8/21には、まだ、栃洞の滝は、多少なりとも流れていました。
 石堤の高さは、ほぼ同じと記憶しています。
 
 その時との比較写真を掲載したかったのでしたが……
 21日は、八ッ場のある特産物を採取させて戴いて、それを清水で洗って水切りをしつつ走って、高崎周辺での最終の宅急便の時間に超迫られ、分刻みだったのでした。3時過ぎについて、超大わらわですませ滝との道すがらの夕刻17時半過ぎ、それでもと渓谷に立ち寄りました。

 いつものようにカメラをわしづかみにして、短い脚で歩道境いの鉄柵をやっとのりこえ、防護柵越しにシャッターをきろうとしたら電池切れ。出掛ける前に少しだけ充電はしたので安心していたのでしたが、スイッチオンのままだったようで……
 仕方なく「痛い!」と今度は声に出しながら、また鉄柵をのりこえても車からビデオを持ち出して、また鉄柵を「よっこらと」とのり越えて、静止画モードに切り替えたら、「静止画不可」の文字が……
 また仕方なく、ビデオの動画を。
 で、最後の手段は携帯での撮影。しかし、携帯の再生写真はまだできないヒトなのです。後ほど、執りためてあるのを現像したいと思います。そのうちにこちらも許容量一杯になってしまうので。(……はからずも「現像」と打ってみて、今ひらめいたのでしたが、カメラ屋さんにもっていけばいいのかもね)。

三、大同特殊鋼スラグ問題見学に参加した、お盆の15日、同じく夕刻の同一地点での写真です。
 お盆中なので、工事は休み。
 栃洞の滝が勢いよく、音たててながれていたのが、ことのほか、うれしかったものでした。……もしかしたら、このままと淡い期待をしたものでした。









同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
吾妻渓谷  8/15、21、25の推移
    コメント(0)