2014年10月29日

旧国道145号は11/18正午~ 全面閉鎖に

今夕、入った情報です。

①旧国道145号は11/18正午~ 「長野原町管轄分の吾妻渓谷~やんば館前上湯原橋」まで全面閉鎖になるとの告知があったそうです。
  国交省の工事の遅れにて代替地が整わずまだ、移転していない、4軒の水没地の地元民がいらっしゃって、とっても困惑してました。怒ってました。
 この夏以来、県などにも訴え、年内までは何とかと大丈夫だろうと想ってこられていたそうです。
 凍てつく冬場に向かって困難が予想され、仮に「通行証」が発行されたとしても難儀だと嘆いてました。
 不可欠の生活道路なのです。
 「生活権」のことにお詳しい方、法的な面でのご示唆くださいませんか。また、他地区のダムで はどのような事例がありましたでしょうか。

②本日、地区内の会合の席で、スラグ担当の新井課長が、有害鉄鋼 スラグの「中間まとめについて、説明させてください」と言い、簡略な説明 がなされ、文書が各戸に配布されたということです。なお、公表することについては、昨日28日に予告されていたようです。

 メール便の最終に間に合うように出かけなければなりませんでしたので、とりあえず、明日お訪ねして、閉鎖についての対策を考えましょうよとお伝えて、電話をきった次第でした。締切ジャストの時間でしたが、受け付けて貰えて無事にセーフでした。
 
 また、②の件で、昨日の関東地方整備局発表の内容との突合せも してきたいと考えています。

 それにしても、酷いものですね、
 旧道閉鎖の恐れが、現実のものになりました。
 先にご案内の3日の日には、皆さん、どうかお一人でも多くお集まりくださいませんか。

  実は、只今、小渕優子元秘書の折田前中之条町長が調べられて
いる旨の速報が流れましたが、その不穏な空気は八ッ場現地にも及んでいて、上述の国交省の動きも、小渕関連とまで言われているそうです。萩原長野原町長は、小渕の秘書をしていたことがあります。

 



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 23:26│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
旧国道145号は11/18正午~ 全面閉鎖に
    コメント(0)