2015年02月23日

20日「有害スラグ」の撤去工事、公式に始まる






 2月吉日の日付の「有害物質を含む砕石の鉄橋工事のお知らせ」と題したA4サイズのあいさつ文と、「工事のお知らせ」の下に工事名や受注者名や日程、有害スラグ存在場所とを裏表に一緒に記したA3サイズの1枚の用紙が、関係地区一円に各戸、配布されました。
 工事は16日~3月末まで。
 しかし、20日現地に行き、現場の方に伺いましたところ、19日までは準備工事に要し、実際の撤去作業はこの日からとのことでした。

 写真は、吾妻峡トンネルと付替え鉄道の坑口のある下方、柏屋旅館さんのご自宅と旧王湯の建物との中間点。何度か変更した道路の最も右脇進入路沿いの脇です。
 すでに、有害スラグを下の写真ように入れた袋が20数個、ならんでました。





 
 実は、この配布物の存在を13日に知りましたが、週末は行事があり、ようやく16日の月曜日に現地に行き、見せてもらいました。
 その翌日から、裏表の2カ所に「連絡先」と大書されているので、「受注者名」の中島建設株式会社に連絡をとらせ戴き、
 ➀工事は、番号通りの日程で行うのかどうか
 ②とりあえず、週末まではどこで行うのか
 の2点について、教えてもらおうと思いました。
 というのは、10月中のいさみ足的本体工事着工の報道時の悲劇的なムダ足と、10月半ば、9/18、19に続いて2回目のスラグ調査のその初日に、国交省/いであ株式会社/中島建設株式会社の調査団に偶然、現地で遭遇。問うと、明日も行うというので、翌日、急きょ時間をやりくり算段して、1時間余もかけて出かけた処、またも会えずについに空ぶりに終わった苦い経験があるからでした。
 こういう時、八ッ場ダム工事事務所に問い合わせてもムダで、なんどもの問いにて現地での高い携帯電話料金がもったいなくなります。なお、1/22 正真正銘の鳴り物入りの本体工事着工現場でお会いした工事課長に問いましたら、連日ではなかったけれ、ど約1週間は要されたとのことでしたけれど……
 しかし、朝かけても夕方かけてもダメなので、始業前、(次にはさらに早い始業前)、就業中には数度、昼休み、午後の時間帯、終業後、自宅兼事務所かと思い、夜と、頻繁にかけてもいずれも不可。
 だったら、「連絡先などと、あえて書くな」といらだちがず増幅してきます。
 さらに、この間に「国土交通省の担当者及び連絡先」と記されている八ッ場ダム工事事務所の、名前の明記されている四名の方、工事課長/担当者、公務課長/担当者にも。
 毎度のことながら、いずれも午前も午後もルスの上、帰宅は18時過ぎに。17時15分に終業で、t外部からの電話は不可となる仕掛け。2日目、たまたま職員が打合せ中とのことに、時間を聴いて少し早目にかけたのに、「たった今、外出」とのあいなったのでした。
 
ーーところが、4日目の午前中、ともかく現地へと身支度の準備中のその矢先に、急転直下の展開に。ことの成り行きはまたの機会に。
 備忘録的にしるしておりますが、こんな経緯、お読むになる方も大変でしょうから……



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 23:35│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
20日「有害スラグ」の撤去工事、公式に始まる
    コメント(0)