2015年02月26日

有害スラグ撤去の保管場所は、旧やんば館駐車場

 以下の写真は、24日午後、撤去した有害スラグを詰めた黒い袋を運ぶ作業風景です。
 16日からの前作業を経て、去る20日から始められた有害スラグ撤去作業の、最初の現場の元柏屋旅館さんの元駐車場の、今は閉鎖された道路に保管しておいた有害スラグは恐らく30個はあり、この日運びきれないらしい有害スラグの袋は、奥の山際にシートをかぶせてありました。



 トラックは大型一台、普通のトラック2台。計三台にて運ばれてました。
 最大容量1500㌔と記された大型には3袋。小型1袋ずつでした。ユンボで釣り上げるくらいですから、約500㌔未満とはいえ、かなりの重量だと思われます。
この大型トラックは、中島建設のものではないので、(一時、色めいたものですが。※理由は割愛)、よくよく調べましたらリース会社のものでした。

先に荷ずみしていた二つの中型トラックは、中島建設さんの所有でした。

 

 廃棄場所ぱどこなのかが、関心ごと。
 当初、聴いたのは長野県とかでした。20日の日に問うと、「下の方に」と、木立の下の吾妻川沿い方向を差し示してくれたものでした。
 で、その場所を確認させて戴くために、運搬車両の後をつけさせて戴きました。なお、最終廃棄場所はやはり長野県のようです。その前の一時的な保管場所らしいでした。
 下の写真は、県道林岩下線に出て→不動大橋(2号橋)→「林・道の駅」信号を左折→次の信号を左折→「折の沢・立馬の滝」前を走り行く三台のトラックです。




 【並んで三台走る、運搬車】







 
ここまでくれば、上湯原橋の信号にでるしかなく、私には、ここで退散し左折するしかないのでした。
 問題は、この「林・勝沼の信号」での3分岐点で、どちらに行くかでした。
 すると、予想通り左折し、「旧やんば館」方向へ。

 その後の、独自調査にて、あっけなく判明。
 やはり、「旧やんば館」の駐車場に一時保管されてるようでした。しかし、置ききれますでしょうかね。

 文書に明記されている、全撤去容量は450立方㍍。専門家に伺うと、10㌧トラックで約90台分との由。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 08:48│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
有害スラグ撤去の保管場所は、旧やんば館駐車場
    コメント(0)