2015年03月15日

①川原畑法面、五つの防護柵は用をなさず、円弧地滑り誘発

 さて、本筋の現地情報に参ります。
 川原畑の茂四郎トンネル際、工事中の八ッ場沢脇の法面は、国道に面した法面を踏破し終わりました。
 計三回に亘りました。
 
 ここの法面には、地形に即して長短5つの、コンクリートによる防護柵があります。
 が、素人目にもいずれも、危険です。
 


 一番上には堅固にみえる、金網月の長いコンクリート壁があります。


 しかし、地面との接点をごらんくた゜さい。
 浮いているのです。
 大水で土砂が流れ、地面との付け根は空洞になっています。私の長靴がすっぽりはまってしまう深さです。そして、落ち葉にうもれた不文のコンクリート壁も、落ち葉をどかすとやはり、空洞になっています。



 



 次回は、上から2本目の平場コンクリート防護柵について、お知らせさせて戴きます。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 20:33│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
①川原畑法面、五つの防護柵は用をなさず、円弧地滑り誘発
    コメント(0)