2015年04月18日

川原畑上ノ平法面の付替え国道開通は2014年3月12日

 ※以下の記述上では直接記してありませんが、参考までに。
 去る3/29付で、この「上の平」法面右手の上下の縦型の筋は「亀裂」と記してしまいましたが、やはり、工法上、つけた溝であることが判明しました。
本欄、3/29 http://s35.gunmablog.net/e352017.html 
  「全面補修したばかりなのに早くも亀裂 川原畑の法面」 の冒頭の訂正記述をご覧ください


 //////////////////////////////////////////////////////////
 ようやく探し出せた、この写真を前回記事の後にアップしようとデスクトップに保存しておきながら、む瞬く間に日数ほ経てしまいました。
 実はね大変な思い込みでして、開通は「ひどい雷雨の後だった」との思い込みの記憶から、「一昨年秋ではないし、となると昨年秋?」との思い込んでまして、下調べもせず書いてしまいました。
 川原畑上ノ平法面の付替え国道開通は2014年3月12日でした。
  (jまだ全記述について、未確認ですが、)、お読みになられました方、、「半年もたたずではなくて、一年もたたずして」の誤認でした。
 
 これによって、川原畑付替国道カーブは是正されましたが、たった一年たたずしてご紹介のような惨状となっています。私が気が付いたのは先月でしたので、「一年」としましたが、あれだけの亀裂はもっと早い時期、少なくとも何か月か前だと思います……


 写真は16時半の撮影です。
 確か、午後の開通だったと思います。13時台には要員の方がまだ準備中で、「あ、開通するのかな」と思って、所用後、あえてここを通ったと記憶しています。
 
【国道145号カープ是正日、2014年3月12日】


【開通後の2014年4月20日 川原畑高台からの全景です】


 【2014年2月6日撮影。開通一月前のものです】


【2012年11月1日】川原畑の高台から撮ったものです。





同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 06:32│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川原畑上ノ平法面の付替え国道開通は2014年3月12日
    コメント(0)