2016年02月14日

観てください。雪とスラグ混合道路を。説明資料は氷漬けにて読めず

去る4日の日の、八ッ場現地の状況を写真をもとにご紹介します。
まず、川原湯温泉駅から線路沿いの道路の現況を。

一、上層路盤に有害スラグ使用の違反行為をカムフラージュする敷砂利の現況




 線路の山側の砂利道には、有害スラグがむき出しになってます。
 専門家によれば、道路の上層路盤に使うのは、明らかな違反だそうなのです。
 そのことを指摘したのは、2014年9月14日に実施した、私たちの現地見学会でした。実は道路脇の民家との境界の側溝に有害スラグが散乱していたのでした。民家の敷地には未使用で安全なのでしたが、側溝工事の際に土を掘り起こしたときに入ってしまったのでした。で、周辺に目をこらせば、道路にもあるわ、あるわで、私達一行はここで、初めて見る現物スラグの判別に上達したものでした。
 そして、最初はお年寄りなので何か勘違いなされていたらしく、「家は大丈夫なんだから」と気色ばんでいたこの家の女主さんは、後にその怖さがわかられたらしく、次回にお目にかかった折には、笑顔で敷地内にはいった有害スラグは「この間、撤去してもらった」と話していられました。
 
 そのことを然るべき方から、指摘されたためかどうか、なんとその上に砂利を敷きなおしてしまったことが判明しました。
 明らかにカムフラージュとして思えない措置です。
 市民オンブズマンの2016年1月11日付け 記事「大同有害スラグ問題を斬る!・・・新春特別企画「八ッ場ダム周辺調査」(第3弾)」をご参照ください。
 http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1854.html#readmore
 ところで、ごらんください。この4日の日、生じた水たまりと雪解けの道路のグチャグチャ状態を。
 そして、憂えてならないのは有害スラグは水と反応すると膨張するということ。
 加えて、その毒性は拭いようがないという現実問題です。


、これじゃ、読めない。凍って一塊の配布資料
 ここを下流方向に少し進むと、 「H27川原湯代替地」の工事状況を記した看板がありました。
 


 その脇にファイルに入った説明書の入った箱が設置されていて、次の文言がありました。
  現場説明資料が入っています。
     御自由にお持ち帰りになってください

 


 で、車を降りて、一枚もらおうとしましたら、束になったまま凍っているのです。
 写真を撮るために、資料の束を箱に立てかけたのは私です。箱の中に横たわっていてファイルごと分厚く凍ってました。箱の中には水がたまっていて、氷状に凍ててました。
 設置したのは、各工事場所の写真などから推しはかって、国交省だとおもいますが、こういう措置が義務づけられているのか、否かは知りません。もしかしたら、見上げたサービス精神なのかも知れません。
 でも、こんな寒冷地で雨や雪の後、横開きのファイルに挟んだだけの紙類がどういうことになるのか、自明の理でしょうに? 
 何と、不親切なお役人仕事なのでしょうか? ただ設置し、おきさえすればそれでよし。どうせ、こんな場所まで来て、みるものなどいないだろう、あとはどうなっても良いというのが感じられてなりませんでした。
 読んで見たかっただけに残念でした。



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 18:33│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
観てください。雪とスラグ混合道路を。説明資料は氷漬けにて読めず
    コメント(0)