2011年07月09日

写真でつづる7/7

 
 7日の都内でのイベントの写真を以下に。【見聞した順に記します】
 昨夜は、記すだけで限界。ようやくね写真の溶解度の縮小致しました。新しいカメラになって精度がアップしたものですから、詐欺用も複雑。手間暇かかります。夜半、寝ぼけ眼で行うにはしんどくなっています。加えて最近、主の老化現象に似てか、わがパソコン想わぬ誤字に変換をしでかしてくれることばかり。今朝のように、訂正する時間的ゆとりのある場合はよいのですが…… 

 ①高裁での進行協議の場は、撮影不可です。
  裁判官以下2名。
  原告側:弁護士3名。原告団7名
  被告側:  〃    ?県職なと゛4名
 
 ② 参議院内県学 写真撮影は、ロビーと解散時のみ
 で、ありきたりで味気ないながら、国会議事堂の全景を小さく添えます。
  





 ③ 「玄海原発 再開を許すな!」市民集会
 




④ 「日本学術会議河川流出モデル・基本高水評価等検討分科会」による「検証」を検証する「基本高水」って何?」
   立っているのは、国交省河川課職員2名。その自己紹介の場面です。
 





⑤④の集会を終えて、歩きだしたら、写真右手の首相官邸前の交差点、記者会館前での野外集会の賑々しさに出くわしたました。先の原発関係の集会で予告されていた、別団体の抗議行動でした。時間的にもほぼ終りのようでした。
 「菅さん、たのみますよ」の声が、抗議調でないのが印象的でした。
 これからローソクを点灯とかのマイクの声に、これからローソク片手のデモ行進でもと早合点。おもわず、地下鉄口までおしゃべりしながら歩いていたある方と、立ち止まってしばらくみておりました。結局、そのまま散会のようで、当方は?地下鉄代節約kで、国電の有楽町駅まで歩いて帰途に。


 
 



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 09:57│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
写真でつづる7/7
    コメント(0)