2011年12月19日

闇夜の構造




 昨日の午後というより、夕暮れ時に八ッ場へ到着。写真を撮る間もなく、帰途の21時近くに、長野原草津駅前のめがね橋際のイルミネーションと一号橋の〇〇タワー的な夜景を撮っただけでした。
 なぜ、言ったかについては、後ほど。悔しいかな、負け戦の線が濃厚になった現在は、今は時間にせかれています。
 ともかく、闇夜の中のうごめきにいつかはライトがあたることでしょう。
 

 さて、前回、自民党への献金問題を取り上げた。その実証として、下記の記事録の転載を。

【平成22年02月24日 衆議院国土交通委員会議事録】
 中島正純委員 
 八ツ場ダム事業受注者からの政治団体に対する献金の一覧表。これは三年間でございます。
 最近の直近三年間だけで、群馬県の議員に対して四千九百二十五万円の献金がなされております。 (略)落札率が九五%以上の件数が二百六十四件中百八十件あるということでございます。
 (略)群馬県選出の議員に献金をしている業者の工事の受注回数が非常に多いことがわかります。
 (略)番号三十八の南波建設株式会社、これは、群馬県の自民党県議会議員で、自民党群馬県連の幹事長南波和憲議員の奥さんが代表取締役を務める会社です。この会社は、平成十三年度から二十年度の間に二十一回も受注をしております。(略)

 次に、資料二の一ページ目をごらんになってください。番号一のJV受注の中に入っている佐田建設、JV受注なので四社の合計ですが、十八億七千九百五十万円の受注をしております。この佐田建設は、自民党の佐田玄一郎衆議院議員の祖父に当たる元参議院議員佐田一郎さんが設立された会社で、平成十六年四月まで佐田玄一郎議員のお父さんが代表取締役をしていた親族会社です。




 


タグ :八ッ場ダム

同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 08:46│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
闇夜の構造
    コメント(0)