2012年05月22日

ダム廃止後の振興に関する特措法は閣法。絶対に通る法律!




 写真は右の方が、この夜の講師として、はるばる熊本市からかけつけて下された、中島(ナカシマ)さんです。
 お話は明確かつ含蓄にとみ、論旨が明確に頭に入ってきました。……のつもりだったのでしたが、哀しいかな老化現象にて、何ともおぼろに…… 下手なことは記せずで日数をへてしまいました。…やはり、ノートにきちんととっておくべきですね。
 
 そこで、ようやくテープを半量近くほどまで聞き直して、以下の中島語録のさわりのご紹介を。
 その夜の仲間たちの感想は、「みえてきたものがあった」とのことでした。
 本日は、例会日です。その席で「みえてきたもの」の中味をつめたいものと思います。参加ご希望の方はご連絡ください。


 (去る3月13日に閣議決定した「ダム事業の廃止等に伴う特定地域の振興に関する特別措置法」は)、官僚がそっぽをむけば通らない「議員立法」ではなく、内閣が作る「閣法」である。これには国交省が動いて法律案をつくっている。絶対に通る法律である。
 多少の不備はあっても、まず、これを通すことが先決。その上で是正していけばよく、生活再建への方策もある。
 というのは、現在、国交官僚の意識が急速にかわっている。河川ムラの意識が弱くなってきていて、現場の声を聞こうとしている。このチャンスを逃せば、もとの木阿弥になる。
 
 

 【用語】閣法
 国会に提出される法案のうち、政府が提出する法案のこと。内閣が提出するため、このように呼ばれる。
 日本国憲法においては国会が唯一の立法機関と定義されている。従って、法案が法律となるためには、国会で可決されなくてはならない。
 国会に提出される法案には、政府が提出するものと、議員が提出するものとがある。前者が上述の「閣法」である。後者には、衆議院議員が提出する「衆法」と、参議院議員が提出する「参法」とがある。
 



同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事画像
新緑の現地見学会、本日です
片側通行止めをせずに済んだ真相
日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解
県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし
負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど……
本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった
同じカテゴリー(八ッ場だより)の記事
 新緑の現地見学会、本日です (2017-05-06 08:18)
 片側通行止めをせずに済んだ真相 (2017-04-28 05:55)
 日本工営報告書、レクチャーにて少~し理解 (2017-04-17 22:21)
 県と国、半分づつの負担。でも、血税投入には変わりなし (2017-04-15 08:28)
 負の遺産に1億6千250万円投入。県は今回の工事は県の全額負担と答弁したけれど…… (2017-04-03 11:01)
 本郷県議が、足で確認した質問を繰り出してくださった (2017-03-25 08:21)

Posted by やんばちゃん at 12:02│Comments(0)八ッ場だより
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ダム廃止後の振興に関する特措法は閣法。絶対に通る法律!
    コメント(0)